BLOG

1日の総消費カロリーは?(基礎代謝+活動カロリー)

あなたの1日の総消費カロリーは?と聞かれ答えれる方はいますか?

ブログ画像

ほとんどいないと思います、、、

まず1日の総消費カロリーは基礎代謝+活動カロリーの事を言います。

基礎代謝:体温維持や心臓を動かすなど、生命維持に必要なエネルギー消費のこと。
活動カロリー:歩行や家事、デスクワーク生活習慣で行うすべての身体活動のこと。

この総消費カロリーがわかればダイエット、ボディーメイク、シェイプアップに活用できると思いませんか? 

まず自分を知ることから始めてみましょう♪♪

でも、どうやって総消費カロリーを計算すればいいの??と言う方に!!
<<総消費カロリー計算無料サイトURL>>
https://motivated.jp/

今日は筋肉と筋肉の役割についてお話します。


筋肉は生命活動を維持する上で重要な役割を果たしており、人は大小600を超える筋肉が存在しているそうです。
正直に言うと全部数えたことがないし筋肉といっても3種類あり細かく分かれているので数える気がしないので、筋肉の数はWikipedia調べ!!


ます筋肉の種類!!

・骨格筋(こっかくきん)筋肉全体の約40%を占めており運動して増やせる筋肉ですね!
2つの骨(関節の)についている筋肉が伸び縮みすることで、体を動かすことができます。

・心筋(しんきん)
心臓を動かしている筋肉のことです。

・平滑筋(へいかつきん)
消化管や血管を動かし、消化や血流の助けをしている筋肉のことです。


この3種類を合わせると約600種類になるわけです!

次は筋肉の役割!!

・体を動かす、体を安定させる。
筋肉の中でも骨格筋は、骨と骨をつなぐようについており、歩く、走る、座るなどの一環の動作も、筋肉が伸び縮みすることで、成り立っているのです。
また骨格筋が関節を安定させることで姿勢を保ち、正常な動きをすることができます。
人間は、常に重力の影響を受けており、体を支えるだけでも多くの筋肉を必要とし、力を出し続けています。

・衝撃の吸収、血管・臓器の保護
外部の衝撃から、体をまもるのも筋肉の役割です。
筋肉は、内臓や骨などを衝撃から守ってくれます。
また、筋肉で覆うことによって、血管や臓器も守っています。


・ポンプの役割
心臓から押し出された血液は、体の隅々までめぐって静脈を通り再び心臓に戻ってきます。
心臓から離れた場所になるほど、送り出された血液の勢いは弱まります。その時、筋肉が伸びたり縮んだりすることで、静脈に圧力がかかり、血液の循環が促進されるのです。
この「筋ポンプ作用」は人にとってとても重要なものです。
なかでも、ふくらはぎの筋肉は心臓からもっとも遠い足に巡ってきた血液を心臓に押し戻す時に重要な役割を果たすので「第二の心臓」とも呼ばれています。

・熱をつくる、代謝を上げる
人間は常に体温が36度から37度を保たれるようになっています。この体の熱生産の約6割を筋肉が占めています。熱を発生させることで、寒い環境下でも一定の体温を保つことができるのです。
それだけ生命維持という点においても大切な熱を発生させるため、筋肉は常に、エネルギーを消費しています。そして、その主なエネルギー源は糖質と脂質です。筋肉が多いと、この熱の発生量(いわえる基礎代謝)も増えるため、代謝がアップし、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防にもつながっていきます。


・免疫力を上げる
筋肉は人間の免疫力にも関係があります。リンパ球を始めとする免疫細胞は、グルタミンというアミノ酸によって活性化されます。このグルタミンは、筋肉内に多く蓄えられていることから、筋肉が減ってしまうと免疫機能が低下してしまうといわれています。

・ホルモンの産生
骨格筋が産生するホルモンの主な役割には、筋肉や骨の形成や再生、抗炎症作用、糖質や脂質の代謝への関与、心筋細胞や血管内皮細胞の保護などがあるといわれています。


・水分を蓄える
人間の体の中で、最も大量の水分を保持しているのは、実は「筋肉」です。
脂肪量が多い女性にくらべると、筋肉量が多い男性のほうが体内総水分量は多く蓄えられています。
筋肉が少ない人は水を飲んでも体に貯めておくことが難しく、脱水症状を起こしやすくなるのです。
また、筋肉量が大きく減りやすい年配者の場合、体の中の水分が5kg~10kgも減ってしまっている場合もあり、毎年、年配者に熱中症を発症する方が多い理由の一つになっています。

筋肉が重要だとわかっていただけたでしょうか?

筋肉はトレーニング(負荷)によって活性化、強化できますので運動をしましょう♪♪

血行不良による体への不調(ダメージ)対策をしましょう!!

血行不良が招く体の不調(ダメージ)とは?


運動不足や冷えによって血行不良になりやすく、その血行不良によってさらに体が冷えてしまうという悪循環を起こしがちなシーズンです。


・冷房の効いたオフィス(部屋)でのデスクワーク

・冷房の効いた場所での立ち仕事

・梅雨空で湿気も多く家で過ごしがち

・家を出ても車でお出かけして冷房の効いたショップやショッピングモールで過ごしがち

etc…心当たりのある方は要注意!!


血行不良に陥ると、体にはさまざまな不調(ダメージ)があらわれます。


全身を巡る血液は、酸素や栄養を体の末端の細胞まで運び、さらに老廃物や二酸化炭素を排出するための役割を持っており、血行が滞ると酸素や栄養が全身に行き届かない上、老廃物も蓄積されてしまいます。


その結果、、、


肩こり・腰痛・関節痛
血行不良によって体内の物質が十分に運搬されずにいると、筋肉を動かしたときに発生する疲労物質の停滞。疲労物質が蓄積された結果、その筋肉が緊張状態になったり炎症を起こしたりして、痛みを感じるのです。特に、頭を支える首や肩、腰、常に動かす必要がある関節などに痛みが生じやすくなります。


冷え症
血行不良で血の巡りが悪くなると、特に体の末端の冷えを引き起こしやすくなります。手足は心臓から離れており、血管が細いということも大きな要因です。冷え症が続くと、全身の冷えによる風邪や頭痛、下腹部痛など、さまざまな不調が引き起こされやすくなります。

むくみ
下半身の血行不良によって引き起こされるのが、脚のむくみ。下肢の血流は、ふくらはぎの筋肉が収縮することによる、筋ポンプ作用によって促されますが、座ったまま(立ったまま)の姿勢を長時間続けることによってその作用が低下、心臓に向かって流れる血流が停滞してしまいます。すると、血管に炎症が起こって血管の外へ血液の水分がしみだします。それが組織のあいだなどにたまった結果、血行不良を起こし、むくみにつながるのです。


眼精疲労
目の血管が血行不良になると眼精疲労となり、目がしょぼしょぼしたり、頭痛や肩こりなどの症状が表れたりします。特に、パソコンで長時間作業をしたり、細かい文字を見続けたりすると、目の周辺の血の巡りが停滞しやすくなります。

そのほか、生理不順、自律神経の乱れといった、さまざまな体の不調が引き起こされるのです。


血行不良がさらに進行すると、重い疾患に発展してしまうリスクも大きいため全身の血の巡りが良くなるように日々の対策を心がけましょう!!

【最後に血行不良にならないための対策】

血行不良の大きな原因が、運動不足!!

私たちの体は、筋肉を動かすことで全身の隅々まで血液が循環するため、体を動かさずにいると、当然血の巡りは滞ってしまいます。

ジムやフィットネスクラブで定期的に運動(エクササイズ)をしましょう!

気持ち良く体を動かし、代謝アップやリフレッシュなどの効果も期待できますよ♪


BEACHHOUSEONEは初心者の方も楽しく運動を継続できるよう、サポートも充実しています。

興味のある方は体験予約から、ぜひご予約ください♪

☆夏バテにならないための食事☆チェック☆

夏バテ・エネルギー不足にならないための食事のポイントです!!

まず、1日3食バランスよくとりましょう♪♪
1日3食は体がエネルギー不足に陥らないようにするため!

1日2食でいいんじゃないの?ダイエットしてるし!など様々な意見はあると思いますが、、
1日の摂取カロリーをオーバーしないように心がけて3食にすれば回数を増やしても問題ありませんよ♪♪

そして麺類や糖質を多く含むメニューになっていませんか?アイス・果物はも糖質を多く含みますよ!!

糖質を多く摂りすぎると、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1が不足し糖質がエネルギーに変わらず、疲労物質の乳酸がたまるため体が疲れやすくなる原因ですで要注意です!!

☆食事のポイント☆
・主食(ご飯・パン・餅など)は毎食!ただし食べ過ぎないように注意して摂りましょう。
・ビタミB1が豊富な豚肉や豆腐、ごま、鮭などを摂るようにしましょう。                 
・脂質も炭水化物と同様にエネルギー源です摂りすぎないように注意して摂りましょう。

・食欲を増進させる香辛料や香味野菜に食欲を増進させる働きがあります。
・酢やレモンなどの 酸味は嗅覚と味覚を刺激し、唾液や、胃液の分泌を活発にしますよ。

こんな感じでポイントを押さえて夏バテ・エネルギー不足にならないよ気をつけましょう♪♪

最後に冷たいものはほどほどに〜

『眠り筋(ねむりきん)』の存在は知ってますか?

あなたの体の調子は良い状態ですか?

体に痛みや痛みが生じる不安もなく(コンディション)
やる気に満ち溢れ(バイタリティー・エナジー)
いつでも最高の結果(パフォーマンス)、、、が出せる状態は整っていますか?

私たちはあなたの体の調子(コンディション)を筋肉の視点からこう考えます。

人間の筋肉は20%~30%しか機能していないと言われています。

では残りの70~80%の筋肉は?実は眠った状態、、つまり使われていないのです。

そのような筋肉を私たちは『眠り筋』と呼びます。

この「眠り筋」を眠らせたままにしておくと、、、姿勢崩れ、柔軟性の低下、慢性的な痛み(首、肩こり、腰痛、膝)、肥満さらには怪我、病気にまでつながります。

不調や不安を抱えたままでは心身共に良い状態とは言えません。

まず全身の筋肉をバランスよく使えるようにし、どこも痛くない体づくりを目指し心身共に調子を良い状態にしましょう。

私のトレーニングは、最小限の道具を使用し筋力と可動性を同時に構築しながらコンディションを整え、運動未経験者からパフォーマンス向上をはかるアスリートの体を最適化するためのレーニングメソッドをご提案します。

体の機能についてのお話 ☆心肺機能編☆

本日は心肺機能について少しお話させて頂きます。
健康(生命)には欠かせない機能ですので一読くださいね♪

ブログ画像

本日は心肺機能について少しお話させて頂きます。
健康(生命)には欠かせない機能ですので一読くださいね♪

心肺機能とは、、
酸素を筋肉などに供給する際に必要な機能のこと。
主に肺による酸素摂取、心臓による末梢組織への酸素供給、末梢組織で生成された炭酸ガスを排出能力のことを言います。

なせ健康(生命)に欠かせないのか!?というと、、、
人は食料なし約3週間、水なし約3日間は生きられると言われています。

では、酸素はというと、、、約3分です!!

たった3分間酸素供給がなくなると生命の危機なんです。
大袈裟?ではなく、酸素は私たちには最も重要な要素だということ。

人間を37兆個の細胞でできているとするなら、37兆個のエンジンで動いていると考えてください!
酸素がガゾリンで、血液が37兆個のエンジンに酸素を送り届ける役目、血管が37兆個のエンジンにたどり着く為の道路です。

その血管(道路)を全てつなぎ合わすと約10万キロ(地球2周半の長さ)になります。信じられますか?

そして、心臓は約10万キロ(地球2周半の長さ)まで血液を循環させるポンプなんです!!

なんか難しすぎるかな??

心肺機能の肺による酸素摂取、心臓による末梢組織への酸素供給とは上記のような事が行われており健康(生命)に最も重要な要素だという事です。

そして、その機能は使わなければ失われるということ、、決して怖がらせているわけではありませんよ!

心肺機能は運動やトレーニングで鍛える事ができるので皆様の健康のために運動を心がけましょう♪♪

キックボクシングは女性におすすめ♪♪

最近では多くの有名女性モデル、セレブなどがトレーニングとし取り入れ、女性のダイエット方法として人気爆上昇中のキックボクシングについてご紹介!!

さあ〜何から書こうかなぁ〜♪♪

まず、キックボクシングは有酸素・無酸素運動がバランスがいい♪この有酸素・無酸素運動繰り返し行うことがカロリー消費、脂肪燃焼を早めることに適しているからダイエット、シェイプアップ、ボディーメイクに人気爆上昇中の1つの理由!!
それから、ストレス発散効果抜群♪♪全力でパンチやキックをしエネルギーをぶつけることは想像以上に爽快!
また、しっかり汗をかくことで老廃物が排出され、血行が良くなり、肌にもとても良い影響も◎
ストレスが自律神経の不調やホルモンバランスの乱れに影響しやすく、放っておくとメンタル面、健康面、肌などの美容面、すべての不調につながってしまうことがあります。
上手にストレスを発散することは、女性の健康と美しさには欠かすことができません。
とにかく全身を使い切っている満足感と、爽快感は、他のトレーニングではなかなか味わうことはできませんね!!

【もっと詳しく知りたい方へ】キックボクシングの動作と効果♪二の腕、背中、肩周り、ふくらはぎ、太ももの筋肉も大きく動かします。キックをするときには捻る動作でウエスト、腰回り、お尻の筋肉なども使います。
このように、日常生活ではほとんど使わない筋肉をしっかり鍛えることができ、気になる部分を引き締めてくれます。

 それに加え、肩周りや背中を大きく動かすことで肩こりが解消されたりと現代に多い悩みまで解消してくれる効果もあります。
デスクワークが多い女性は、肩こりや、肩こりが原因となっている頭痛に悩まされている人も多く、このような日常的なマイナートラブルがキックボクシングで軽減されるスーパートレーニングかも◎

体の軸である「体幹」トレーニングにもなる♪♪たとえばハイキックは、想像よりも高い位置までキックを繰り出します。体がグラグラしないように支えるには腹筋や背筋などを使って、体の軸がぶれないようにしっかり支えなければいけません。
また、全力でパンチやキックをするトレーニング時に体が反動の衝撃を受け止めます。
その際、後ろに下がってしまわないように、無意識に体を支え下がらないよ、フラつかないよう体を支えてバランスを保とうとするときに使われるのが、体の軸である「体幹」部分です。
体幹が鍛えれれると姿勢がよくなり内臓が正常な位置に戻ります。その結果、便秘の解消などにつながり、下腹部がすっきりしたり、体重が減少したりといった嬉しい効果も期待大◎

このように、キックボクシングは女性にこそおすすめのトレーニングです♪

72時間の法則

人は、「やろう!」と思い立ってから72時間以内に行動しなければ、その後は行動しなくなるという法則です。

行動心理学の言葉ですが、目標達成や成功哲学などの文脈で用いられることが多いようです。

この『72時間の法則』からすると、、、

あなたに残された時間は71時間58分です。行動してください。体験料無料です♪♪

年齢(年代)で太りやすくなるのは本当??

はい!本当です、、、

年齢(年代)年代ごとに体形が変わってくることは皆さんもなんとなく感じていますよね?
年齢の変化とともに起こる体の変化について具体的にどのような変化が起こるのか確認してしてみましょう。

【年齢を重ねると「からだのかたち」は変化する】
年齢とともに体形は変化し、脂肪がつきやすいからだになっていきます。
これは基礎代謝量が減っていくためで、以前と同じ生活運動をしていても消費カロリーが少なくなってしまうからです。
それに加え食べる量は以前と変わらないとカロリーの摂取と消費のバランスが崩れ、体形が崩れていくというわけです。

加齢によって変化する部分は年代、性別や姿勢により様々ですので、具体的な変化傾向を見て、対策を考えていきましょう。

【「年齢とともに太りやすくなる」は本当!】
加齢とともに減少する「基礎代謝量」
基礎代謝とは心臓を動かしたり呼吸したり体温を保つなど「生きていることを維持するため」に必要なエネルギーで、「ゴロ寝していても絶えず使い続けているエネルギー」のこと。
この基礎代謝は24時間絶え間無く使われ続け、1日の総消費エネルギーのうち、、、

なんと「7割以上」も占めているのです。

このため、「痩せやすく太りにくいからだ」であるためには「基礎代謝が高いこと」が絶対条件なのですが、、、

この基礎代謝は、男性で18歳くらい、女性では15歳くらいをピークにその後は年齢とともにどんどん低下します。
からだが成長する時期を過ぎてある程度からだが完成してしまった後は、「維持」のエネルギー以外は必要なくなり、徐々に老化も進んで細胞の生まれ変わりのサイクルが遅くなり、エネルギーをたくさん使う筋肉も減ってしまうからです。

【脂肪は年齢と共にお腹に集まる!】
男女とも加齢とともに体幹部への脂肪も増加します。
50歳以上になると男性では全身の脂肪のうち6割以上が主に腹部に付くと言われています。

女性でも、、、30代を超えると5割以上の脂肪が腹部に、、。

少しでも体の変化を感じたらご相談くださいね!


☆お客様の声☆

本日はお客様の声をお届けします♪

性別:女性
年齢:50代
目的:ダイエット
トレーニング歴 :1年
トレーニング頻度:週1回

【お客様の声】
久しぶりに主人と5キロのランニングする機会がありました。
今までならキロ走るのもやっとだったのに余裕で走れました!まだまだ走れそうな感覚だったのでトレーニングで体力がついたと実感できました!
その他、トレッキングにも挑戦して余裕でしたよ♪

【トレーナーのコメント】
過去に約2,3ヶ月間の筋トレ、食事制限のダイエットを経験しダイエットに成功したはずが、リバウンドし始めたためご来店頂きました。

その当時は、短期間のダイエット(筋トレ、食事制限)が体力、精神的にも辛かったようで筋トレは嫌だと言われていましたね!

あれからもうすぐ1年です!トレーニングはもちろん、食事も意識できていて過去の辛かった食事制限の経験が生かされてます♪♪

これからも楽しくトレーニングを継続してベスト体重まで向かいましょう♪

体験レッスン